風俗嬢と対面後の行動

風俗店を訪れるお客は決して安くはない代金を支払って利用しているため、容姿の良い女の子と満足の行くプレイを味わいたいと思う人が多いでしょう。それだけに自分が指名し遊ぶことになった女の子が、容姿が残念・接客態度が悪い・一緒にいても面白くないといった要素を持っていたとしたらとても残念な気持ちになります。またサービスを行う女の子もできれば容姿・性格が良く、エッチが上手いお客が来て欲しいと思うようです。お互いにそういう思いが言動に出てしまうこともしばしばあるということです。

お客も風俗嬢も一人の人間であるために性格や人に対する接し方も異なってきます。そのため対面をしたとき相手が残念な容姿であると分かった際に、気にする素振りを見せない大人の対応をする人もいればあからさまに言動にあらわれる人もいます。またそのような気持ちは隠していても、何気ない会話や行動などで「この人は自分のことが嫌いだな」とある程度分かってしまうといいます。そしてお客でも風俗嬢でもそういった経験を多くしてきた人で、おとなしく自分に自信のないような人は「申し訳ないな」といたたまれない気持ちになってしまうようです。ただ当然そういう人ばかりではなく露骨に態度で表す人もいます。お客でも風俗嬢を容姿のことで罵り、またこの風俗嬢であればある程度何をしても良いと思い暴力的なプレイを展開することもあるそうです。しかも容姿の良い風俗嬢に対しては良客のように優しく紳士的な態度だといいます。またこれはお客だけでなく風俗嬢にも言えることで、このように露骨に対応を変える女の子も存在しているようです。

そして風俗嬢の中には謙虚な人よりもいますが、根拠のない自信を持っている人も少なくないといいます。しかもそれはモデル・レースクイーンのように容姿が良い人のみならず、ポッチャリとしていてルックスが残念というお客から見て「外れ」と思われるような容姿の人にも多いということ。男女ともにある感情に「嫌な奴でも容姿が良ければ許せるが、容姿が悪ければより腹が立つ」というものがあります。それだけに残念な容姿でありながらも根拠のない自信を持ちお客に対して上から目線の悪い接客を繰り返すことで、お客の不快度はどんどん上昇していきます。そのため風俗嬢に暴言や暴力を振るうというトラブル・お店に対するクレーム・ネットの掲示板などでネガティブな情報を流すといった事態に発展することもあります。

相手の容姿が良くないことで露骨に不快感を出す人は多いですが、そうしても良いことは少ないため大人の対応をするように心がけるのが良いでしょう。

閑散期の風俗嬢

風俗店は基本的には1年中営業していますが、業種やお店によってはその中でも繁忙期や閑散期があるといいます。繁盛店の中には年間通して多くのお客が訪れるというお店もありますが、多くのお店にはそういった時期があるそうです。そして閑散期であればお客自体が来ないので稼ぐことができず、待機スペースにいる女の子が多いということです。ここではその時期の女の子について書いていこうと思います。

○シフトを入れすぎたらかえって忙しい

閑散期は基本的にはお客が少ないため、歩合で給与が支払われる風俗嬢にとっては全く稼ぐことができない時期になります。それだけに閑散期は全く出勤しないという女の子もいるといいます。ただそういった事情を知らずに「いっぱい出勤できるから」とシフトを入れ過ぎてしまった風俗嬢がいたようです。その風俗嬢は結果として毎日繁忙期のような忙しさを味わい続けたといいます。理由は簡単でお客もいませんが、その分風俗嬢自体少ないので出勤している女の子にかかる負担が重くなったということです。閑散期でお客が全く来ないといってもゼロということはありません。そのためその時間では1~2人ということであっても、それを限られた人数の中で対応していかなければいけないため忙しくなったということです。

○人気嬢とそうでない女の子の差が出やすい

お客が全く来ないと言われている閑散期ではありますが、多くのリピーター客を抱えている人気嬢にとってあまり関係はありません。そのような女の子と遊ぶお客は、初めてでなく何度か遊んだことのある人が多いです。ホームページの出勤情報を見てその子の名前を確認したら、そういったお客からの電話が殺到しすぐに予約で埋まってしまいます。お店ではなく女の子のファンがほとんどであるために、特にお店の繁忙期や閑散期は関係ないようです。そしてそんなときに浮き彫りになるのが人気嬢とそうでない子の差。閑散期であればお客自体が少ないため、リピーター客の少ない女の子は待機スペースにいることが多くなります。中には1日中誰もお客とプレイをすることなく過ごすことも少なくないようです。そんなときに人気嬢は常連客とプレイをしています。そして人気嬢はこのときのプレイ分の給与を獲得できますが、待機している女の子には一銭もお金が入りません。それだけにお客に対する人気という力の差が浮き彫りになる残酷な時期ということが言えるかもしれません。

遅番風俗嬢の生活とは?

風俗店はお店や業種によって営業時間が異なっています。昼過ぎや夕方から営業スタートというところもあれば、ほぼ24時間ずっと営業しているというお店もあるそうです。そのため午前中やお昼頃から夕方くらいの時間帯に出勤する「早番」、主に夜に出勤している「遅番」に分けられます。「早番」は基本的には一般的な会社と同じような勤務体制なので生活リズムは整えやすいですが、主に夜働く「夜番」の女の子は生活リズムが崩れてしまうことも少なくないようです。ここではそんな夜番の女の子の生活について触れていこうと思います。

○太陽の光を浴びない

主に夜働いている夜番の女の子は生活リズムが逆転しており、多くの人が活動している午前~夕方辺りの時間は就寝し夕方から日の出前位まで活動しているという人も少なくないようです。そういった生活リズムになっているため太陽の光を浴びない、ドラキュラのような生活をしている人もいるといいます。夜番といっても24時までに営業が終わるような店舗型風俗店ではそのような人は少ないですが、ほぼ24時間営業しているようなお店では夜7~8時頃から早朝4~5時というスケジュールもあります。生活リズムが逆転した生活スタイルになるのは、後者のように長く開いているお店で働いている人が多いです。

○基本的には電車に乗らない

これはほぼ24時間営業しているようなデリヘルに多いケースで、終電が終わった位に出勤し始発前位に家に帰るというシフトで働いているにあるようです。住んでいるところの近所にお店があるために電車を使わないという意味ではありません。デリヘルの場合はお店で送迎車を持っていることも多いため、送り迎えを頼むということもあるため電車に乗らないということも可能なのです。そしてそれ以外の時間は家で寝ているか近所に買い物に行くという生活のため、何か用事などがない場合は電車に乗る機会はほとんどないそうです。

○食事はスーパーの半額弁当

遅番の女の子は昼間寝て夜動くという生活リズムで働いています。そのため何か食べようと思い近所のスーパーなどに行くと、ちょうど売れ残りのお弁当を半額ほどの価格で販売している場合が多いといいます。それだけに贅沢をしないと気が済まないような人でなければ、一般的に生活するよりも安く済むという場合もあるようです。ただ当然近くにそのようなスーパーがあり、お弁当などがその価格で売られるタイミングで行かなければなりません。